読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『とある魔術の禁書目録II』#14

アニメ

何度も言いますが、立川市上条さんは不幸なことでよく知られています。

  1. 小萌先生の着替えを見てしまう
  2. さっさと回復した吹寄制理に連続パンチを食らう
  3. 罰ゲームとして御坂美琴と無理やりフォークダンスに参加させられ、それを見ていた白井黒子(CV:新井さん)にドロップキックを食らう
  4. 姫神秋沙にゴムボールを投げつけられる。しかも病院で

「…不幸だ」

しか〜し、今回はちょっと違う。どういうわけか北イタリア5泊7日ツアーが当たってしまったのです。しかし、色々と問題がありました。

パスポートがありません。インデックスちゃん「パスポートって何?」 でも…なぜか作ってありました。インデックスちゃんもイギリスのやつを作ってあるのですが、どういうわけか出入国スタンプが一つもありません。ただ、これで行くことはできます。そういえば、パスポートというと「パスポートサイズのハンディカム」ってのがあったよね。

たぶん成田から出発するのですが、出国審査にあたってインデックスちゃんの安全ピンが金属探知器に引っ掛かってしまいました。その衣装だと目立つので、私服を一通り買いに行くのですが、ショッピングエリアまで1.5km。「不幸だ〜!」

アニメって便利やな。あっという間にイタリアへ着いてしまうんやで。ということでここはイタリア。なんでエルグランドが走ってるんかな? スタッフはそんなにエルグランドが好きなん?

よだれたらしっぱなしのインデックスちゃん。でもって、当麻はヴェネツィアへ行きたいとのこと。ゴンドラに乗りたいって、それじゃ『ARIA』の世界やないか。ちなみに、ARIAに出てくる「オレンジぷらねっと」の制服は色がインデックスちゃんの衣装に似ています。

そうそう。ヴェネツィアといえばこんな話があります。ヴェネツィアの特産品には「ヴェネツィアン・グラス」というものがありますが、その昔、技術が外に漏れてしまうとそこらじゅうで類似品が出回ってしまい価値が下がってしまうため、13世紀の末になってガラス職人が「ムラーノ島」に強制的に集められたという経緯があり、現在でも多くの職人がそこに工房を構えています。で、日産「ムラーノ」はなぜ「ムラーノ」と名付けられたのかというと、ムラーノ島で作られるガラス工芸品のような美しい車であるという意味を込めて名付けられたのです。

話がそれた。インデックスちゃん「今時の国際社会で生きていくにはとーまもせめて3ヶ国語を話せた方が良いかも」…それはそうとして、食い意地張りすぎやで。しかし、どこへ行ったんだか。

一人だけになってしまった当麻。地元の人に話しかけられてもイタリア語なんてわかりません。オルソラがいたので何とかなったのですが、なぜいるのかというと、もともとイタリアに住んでいたのが、イギリス清教に改宗して引っ越したもののまだ荷物が残っていたから、とのこと。今週出てきた声優でイタリア語のセリフがある人はこのためにイタリア語を勉強したんかな?

インデックスちゃんはどこへ行ったか、なんと!オルソラの旧宅にいました。途中でジェラートの安売りがあったのででかいのを買って帰り、それだけではなく山盛りのスパゲティまでごちそうになっていました。

天草式のあるメンバー曰く、当麻は「怪物」だそうな。なんてことを!

引越し屋さんになってしまった天草式。この後エッチなハプニングが当麻を待ち受けています。インデックスちゃん「うわー、とーま。何だかあっちこっち汚れてきたかも」

新聞紙はどこにあるかと探しに行った当麻。インデックスちゃんとオルソラはお風呂に入っています。この家はなぜかバスルームが2つあります。片方にインデックスちゃん、もう片方にオルソラが入っています。当麻が開けたのはオルソラが入っている方でしたが、インデックスちゃんも出てきて裸を見られてしまいました。もちろん…どうなったかはおわかりですね。

トラックに家財道具一切を積み込んで出るのですが、オルソラを誰かが狙っています。インデックスちゃんがいたので大事にはならなかったのですが、どこからともなく巨大な船が何隻も出てきました。

当麻とオルソラはその船に乗ってしまったのですが、その船にはアニェーゼも乗っていました。まさか、今回もまたローマ正教が!?