読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これが「必死のパッチ」スピリッツ

阪神vs日本ハム(第3回戦)@甲子園球場

甲子園球場のスコアボードをよく見れば、0のオンパレード。福本さんなら「たこ焼きみたいやな」ということでしょう。というのも、阪神の先発投手は岩田、日ハムの先発投手は武田勝と、見事なまでの無援護属性を持つ投手同士の投げ合いで、互いに点が入らないまま9回裏までいってしまいました。

そして迎えた9回裏。1アウトからまずは新井兄が左中間へ打ちこんで出塁、俊介が進塁打ときて、2アウト2塁で打席には関本。2回もチャンスで打順が回ってきながら、そのチャンスをものにできず、「ここで失敗したら家に帰れない」といっていたのですが…

センター方向へ狙い撃ち。新井兄が全力疾走でホームへ向かい、サヨナラ勝ち。岩田は2年ぶりの完封勝ちというおまけまでついてきました。もちろんお立ち台では…

必死のパッチ

やっぱり、矢野さんから“必死のパッチ”スピリッツを受け継いだだけのことはあります。そういえば、パクリ騒動*1は…?

*1:矢野さんは、お立ち台で「“必死のパッチ”は関本がパクった」などと言ったことがある