読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みのりん秋の新作

TERMINATED

TERMINATED

最近、「これまでMBSのアニメの主題歌を歌ったことがない歌手がMBSのアニメ向けに主題歌を出す」ということがよく見られます。春には奈々様とほっちゃんが『DOG DAYS』向けにテーマソングを出し、夏には奈々様が『BLOOD-C』のエンディング。

そしてこの秋、みのりんMBSのアニメの主題歌に参入しました。『境界線上のホライゾン』のオープニング曲で、MBS土曜深夜の3本目。

で、1か月以上前に注文して、先日やっと届きました。もうウォークマンに吹き込んであります。「Defection」以来の「みのりんらしい曲」で、「やっぱり、みのりんにはこういうのが合うなぁ」と思いました。

歌詞には「新世界」が4回も出てきますが、当然ながら大阪の「新世界」ではありません。いくらみのりんが関西弁のキャラクターを演じたことがあるとはいえ、曲の世界観を考えるとそんなことはないでしょう。ウォークマンAシリーズ*1の「A」を関西弁の「ええ」と解釈するのと同じです。

*1:X・Zシリーズが出るまでは最上級モデルだった