読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みのりんの大きな決断

声優

いつも茅原実里を応援していただきありがとうございます。


弊社所属タレント茅原実里と弊社との専属契約を2013年3月31日をもって契約満了となります事を
ここにご報告させていただきます。

これまで応援してきて下さったファンの皆様には突然のお知らせとなりました事を深くお詫び申し上げます。
度重なる話し合いの結果、弊社と致しましては引き続き、茅原実里の活動を支えていく事を希望しておりましたが、
本人の強い意思を尊重し契約満了という結論に至りました。


それに伴い茅原実里オフィシャルファンクラブは2013年3月31日をもって解散をさせていただく事に
なります事を併せてご報告させていただきます。

尚、2013年4月以降のファンクラブ会費を既にお支払いいただいております皆様へは別途改めて
ご連絡をさせていただきます。
ファンの皆様にはご心配をお掛けし誠に申し訳ございません。


これからも茅原実里の応援をどうぞよろしくお願い致します。


エイベックス・プランニング&デベロップメント株式会社
2013年3月31日
代表取締役社長 青木義人

今日はみんなに大切なお知らせがあります。


茅原実里は、3月31日をもって、長年お世話になった所属事務所のAPDを離れることになりました。


歌手を目指してエイベックス・アーティスト・アカデミーの門をたたいてから、10年以上が経ちます。
私を発掘してくださった青木社長や、APDの皆様には、心から感謝をしています。


一人で長い間悩んできました…。
その結果、私のわがままになってしまうのかもしれませんが、これからは新しい環境を作り、新しい気持ちで仕事に励んでいきたいという決断に至りました。



私のファンクラブ「m.s.s」のみんなには、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
…残念ながらm.s.sを解散せざるを得なくなってしまいました。
こうしてすべてが、こんな形で突然の報告になってしまったこと、本当に本当にごめんなさい。
自分の力ではどうすることもできませんでした。
もうすでに継続の手続きや新規の申し込みをして、楽しみにしてくれていた沢山のファンのみんなのことを思うと、胸が苦しく、言葉が見つかりません…。


「m.s.s」は、5年間みんなと一緒に作ってきた、歩んできた、笑顔と思い出がいっぱい詰まった大切な大切な場所です。みんながいてくれたから、どんなことがあっても、前を向いて進んでくることができたし、今の私がここにいます。
m.s.sを作る時に、私が夢見ていた、私が望んだ通りの、一年中笑顔がいっぱい咲いている、そんな素敵な場所になりました


みんなには感謝の気持ちで溢れています。
すべてが大切な大切な思い出です。
どうもありがとう。


だからこそ、本当に本当に、ごめんなさい。


今は謝ることしかできませんが、私はこれから先、またみんなと一緒に笑顔で過ごせる場所を作っていきたいと思っています。
許されるのであれば、どうか、その時を待っていてください。



…そして、Blog「minorhythm」も終了となります。
31日に書きたかった私の気持ちは、この場所でお伝えすることになりました。


約9年間という長い長い月日を一緒に歩んできた場所です。
3000日以上の思い出がいっぱいいっぱい詰まった、私とみんなの場所です。


…私の勝手なお願いになるのですが、どうか「minorhythm」を忘れないでいてください。


晴れの日も、雨の日も、あの場所へ来てくれた沢山のみんな、本当に本当にどうもありがとうございました


明日からは、茅原実里の新Blogである、この「Smile Days」で、私の想いを毎日綴っていきたいと思いますので、よかったらまた遊びにきてくださいね


もちろんこれからも、今までと変わらず、声優のお仕事も、歌のお仕事も続けていきます。
自分のお芝居や、歌で、私を応援してくれているみんなに、今まで以上にちゃんとお返しできるように頑張っていきますので、どうか、これからも応援よろしくお願いします


茅原実里

これは決してエイプリルフールのネタではありません。本当の話でした。

それは突然の出来事でした。みのりんがデビュー以来所属していた事務所との専属契約を3月31日付で解除し、ファンクラブも解散するという発表がありました。今年に入ってライブなどの予定がないのでどうしたかと思っていたら、事務所と契約でもめてライブどころじゃなかった、というのが実情だったようです。しかし、ファンクラブが解散するなんて夢にも思っておらず、1月に2013年度の会費を払い込んでしまいました。ただ、これに関しては後日返金の案内があるとのことです。

ちょうど1年前の今頃は、「もうすぐ神戸でライブやな」と意気込んでおり、鼻息を荒くして待っていました。それが、1年経って事務所との契約問題に巻き込まれてしまったのですから、言葉が見つかりません。

この話を聞いた時は深夜でした。眠れるわけがありません。朝まで泣きながら酒を飲みたい気分でした。

しかし、昨日出されたブログ記事を読む限り、みのりんは自分自身で事務所を離れ、新たな環境で活動していくという決断を下したようです。ならば、新しい道を歩んで行くみのりんを、みんなで応援していこうじゃありませんか。新しくファンクラブが発足したら、もちろん入ります。

そして、今週末からMBSテレビで放送される『宇宙戦艦ヤマト2199』にも出るほか、「Project Yamato 2199」としてテーマ曲を歌います。「この世界は僕らを待っていた」を買って、『宇宙戦艦ヤマト2199』を見て、新たな道を歩み出すみのりんを、いつまでも応援し続けましょう。