読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年のライブ・イベント総まとめ

声優

さて、今年もあと5時間となりました。

今年も、この1年間に行ったライブ・イベントの総まとめをやることにしました。

日にち ライブ・イベント 会場
1/24 水樹奈々 大いに唄う 四 代々木第一体育館
2/7 M-Smile Member Event Vol.3 ~MINORINPIC~ Zepp Namba
4/9・10 NANA MIZUKI LIVE GALAXY 2016 東京ドーム
6/18 Minori Chihara Live Tour 2016 ~Innocent Age~ パシフィコ横浜
7/17 Minori Chihara Live Tour 2016 ~Innocent Age~ グランキューブ大阪
7/29 ウル虎の夏2016(阪神vs中日) 阪神甲子園球場
8/6・7 Minori Chihara Live 2016 ~SUMMER DREAM 4~ 河口湖ステラシアター
8/13 Minorin Collection 特典お渡し会&トークショー 三宮センタープラザ
9/22 NANA MIZUKI LIVE PARK 2016 阪神甲子園球場

今年は、みのりんのライブという形で初めて横浜へ足を運んだほか、声優のライブイベントとプロ野球が融合するというのも初めて見ました。

茅原実里 水樹奈々
本数 6 5

今年は、昨年とは逆にみのりんの方が多くなり、2人合わせて10本を越えてしまいました。

茅原実里

M-Smile Member Event Vol.3 ~MINORINPIC~

すっかり恒例になった、みのりんのファンクラブイベント。今回のテーマは「運動会」でした。なぜこうなったのかというと、みのりんが人間ドックを受けてきた際に「コレステロール値が危ない」という結果が出たためです。

ただ、ステージに上がれた人はまだいいのですが、じっと座って見ているだけの人が多数発生しました。なので、後のアンケートに「じっと座って見ていただけの人が多く、退屈で仕方なかった」と書いて出しました。

しかし…ジャージ姿のみのりんも、美しい。

Minori Chihara Live Tour 2016 ~Innocent Age~

2015年11月18日、ニューシングル「恋」の発売記念イベントで、アルバム「Innocent Starter Innocent Age」の発売が発表されました。これを引っ提げての2年ぶりのライブツアーでした。

ただ、今回のツアーは今までとは一味違いました。なぜなら、みのりん初の夏のツアーだったからです。例年、みのりんは春にツアーを開催し、夏は河口湖で…というのが恒例の流れでした。夏のツアーといえば、ここ最近は奈々ちゃんのが恒例となっています。

しかも、大阪公演が7/17ということで、「奈々ちゃんのとかぶるんちゃうか?」ということになり、スケジューリングで悩まされました。結局は「かぶったらその時に考えたらいい」ということで大阪には行くことにしました。それだけではなく、かぶってしまったときの保険として、「この時期なら奈々ちゃんの大阪公演とはかぶらないだろう」ということで開幕の横浜公演にも申し込みました。そこから話が膨らんで「ライブ帰りに日産ギャラリー」というところまでいきました。

横浜では、そわそわしてたらあの曲がやっときましたが、「純白サンクチュアリィ」でFANTASIAブレードが故障してしまいました。

大阪では、ラブレターに「新世界でデート」というくだりから「TERMINATED」…ネタに走り過ぎでした。

ライブも良かったのですが、横浜でスカイライン(V37・ハイブリッド)に乗れたというのもいい思い出です。どちらがメインなのやら…

Minori Chihara Live 2016 ~SUMMER DREAM 4~

みのりんのファンを10年もやっていたら、河口湖に行かないわけにはいきません。すっかり第二の故郷になってしまいました。

今回は、名古屋公演から3週間もたっていないということで、「ツアーの打ち上げ、または追加公演」という感じでした。ただ、何か物足りないな…と思ったら、ムッシュ大先生がいません。先に福井でスケジュールを押さえられていたらしく、今回は欠席ということになりました。

やっぱり、河口湖の大空の下で聴く、みのりんの歌声は何よりもいいものです。

そして、今年は河口湖へ遠征するためにジュークを買いました。神戸~河口湖を往復して、リッター16kmぐらいでした。

Minorin Collection 特典お渡し会&トークショー

みのりんの4番目の写真集「Minorin Collection」。過去に「声優グランプリ」で連載されていたみのりんの記事を全部まとめ、さらに河口湖での撮り下ろし写真も付けた豪華版です。そのため、ライブ前後に河口湖でのロケ地巡りをする人が多く、「せっかくジューク買って河口湖に乗りこんだんやし、フル活用せなあかんな」ということで、翌日に「オルソンさんのいちご」へ乗り込んで食事をとりました。河口湖に滞在中は、車のドアポケットに常備していました。

で、今年は河口湖で終わり…かと思っていたら、そうではありませんでした。
アニメイトゲーマーズで買うと特典のお渡し会&トークショーがあるということで、三宮のゲーマーズで買って応募しました。ゲーマーズにしたのは深い意味はなく、ただ単に空いていたからです*1河口湖から帰ってきたら当選通知が来ていました。

「D-Formation」ツアー以来、みのりんが三宮にやって来るのは実に4年ぶりでした。

で、特典のブロマイドなんですが、ロケ地は横浜みなとみらいで、Innocent Ageを思い出しました。「あそこでスカイライン運転したなぁ…」

水樹奈々

水樹奈々 大いに唄う 四

その昔、演歌歌手を目指して新居浜から上京してきた奈々ちゃん。ちょっと違った方向でブレイクしましたが、演歌歌手を目指していたということで「新宿コマ劇場で座長公演をやりたい」という夢を持ち続けていました。2008年末を持って閉館することに伴い、最後のチャンスということで「Trickster」発売記念という名目で実現させましたが、これが好評だったためこれまでに3回行われてきました。

そして、今回で4度目。新宿コマ劇場中野サンプラザ両国国技館ときて、座長公演にしては大規模な「代々木第一体育館」でやることになりました。

今回初めて参加しましたが、過去のやつをDVDやBDで目にしてから行き、その通りの大爆笑ものでした。笑い過ぎて文枝師匠みたく椅子から転げ落ちました。

公演自体は日曜日の昼間でしたが、前日に物販があるということでそちらで済ませて、日曜日は並ばず楽に行けました。ただし、当日は奈々ちゃんの物販に並ばず東京メトロの物販に行きました

NANA MIZUKI LIVE GALAXY 2016

2011年、奈々ちゃんのライブに初めて足を運んだのは東京ドームでした。この時はスポット参戦という感じで、まだどうするかは決めていませんでしたが、2012年から本格参戦という方針が定まりました。

東京ドームへ行くのはその時以来で、原点回帰ということで参加を決定しました。もちろん2日間フル参戦です。

土曜日は2000~2007年の曲を中心に「GENESIS」、日曜日は2008~2014年の曲を中心に「FRONTIER」と銘打たれました。GENESIS世代の曲には知らないものもいくつかあったため、「奈々ちゃんを再発見する」ことにもつながりました。

ただ、この2日間のハイライトは、2日間で披露された43曲のいずれでもありませんでした。

奈々ちゃんがずっと「この場所で歌いたい」と思っていた場所。阪神ファンなら誰もが「ここで歌いたい」、「ここで歌ってほしい」と考える場所、阪神甲子園球場でのライブが発表されました。ここが最高潮でした。当然、翌日のデイリースポーツは買いました。

ここ最近、阪神電車グッズの一つ「甲子園駅駅名標タオル」を奈々ちゃんのライブには必ず持ち込んでいますが、甲子園ライブが発表されたため、アリーナ最前列でそのタオルを奈々ちゃんに見せつけたら、手を振ってもらえました。

ウル虎の夏2016

甲子園ライブの前に、阪神の夏の風物詩「ウル虎の夏」がありました。これは、夏限定の特別ユニフォームを着て試合を行い、観客にも同じものが配布されるというイベントですが、今年は阪神ファンの芸能人が日替わりで乗り込んでくるというのも追加されました。7/26~31の甲子園6連戦*2で、奈々ちゃんは4日目(vs中日)に登場しました。なので、チケットがほとんど売り切れ*3となっていて残り少ない中、あわてて買いました。

奈々ちゃんがやって来るというので、もちろん歌います。「六甲おろし」を歌うというのは前もって聞いていましたが、予想外の国歌斉唱までありました。奈々ちゃんが歌うと、君が代も演歌調になってしまいます。

試合?平田に3ランを打たれてなければ…。あと、翌日は全く逆で阪神打線が大爆発、極めつけはドメさんのサイクルヒットまで出てきて、「昨日こんな試合をやれ!」と突っ込まずにはいられませんでした。

NANA MIZUKI LIVE PARK 2016

そして、奈々ちゃんの夢舞台。となるはずでしたが、数日前から悪天候で開催が危ぶまれる状態でした。また、事前物販がシッチャカメッチャカで、「こんな状態でやっていいのか?」という状態でした。

しかし、いざ開幕すると、「いつも阪神戦を見に行く球場で、奈々ちゃんが歌っている。これは、夢じゃないよな?」、「ここは、奈々ちゃんが夢見ていた場所なんやな」…自然と泣けてきます。

甲子園でやるなら、やっぱりジェット風船は飛ばさないといけません。しかし、「六甲おろし」を歌う…のではなくサックスで、というところまでは予想していませんでした。

最後の最後で大雨だったのは心残りです。今度は、快晴の大空の下、再び甲子園のグラウンドに立つ奈々ちゃんを見てみたいものです。

*1:三宮のアニメイトはいつ行っても混雑がひどい

*2:例年、夏の高校野球開幕前の甲子園での試合で行われる

*3:発表された時点で、3塁側アルプススタンドとレフトスタンドしか空いていなかった