読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『とある魔術の禁書目録II』#16

若本規夫ほど悪役が様になる声優が他にいるでしょうか。声優版「悪役商会」を結成したらそのリーダーとなることができるでしょう。

今回はオープニング曲がありません。ただし、このような構成をとるのは最終回と相場が決まっていますが、今回は最終回ではありません。

今日の見せ場は当麻VSビアージオ。インデックスちゃん・オルソラとともに、アニェーゼがとらわれビアージオがいる中枢部へ突入。考えるのがめんどくさい!右手で潰してしまえ!!と言わんばかり。フォーメーションは、当麻は氷の鎧を一体ずつつぶしてひきつけつつビアージオのもとへと向かい、2人だけになったところで、インデックスちゃんが氷の鎧を誘導しつつオルソラをアニェーゼのもとへ向かわせる、というものでした。

しかしまあ、ビアージオというのは聖職者だというのに汚らしいおっさんやな。なので、当麻は「説教するのも面倒くさい!」と言わんばかりに向かって行きました。普段はあまり左手は使わないのですが、攻撃を逆に利用して左手で返り撃ち、最後はおなじみの右手。機動隊時代*1の経験が生きるシーン。

…どこへ行っても、病院送り。インデックスちゃん「アドリア海ってそんなに冷たくなかったよね」

今日は置いてけぼりを食らわなかったからそんなにご機嫌なのか、って…ほっぺたをぷーっとふくらませて「別にご機嫌なんじゃないだからね!」かわいすぎて鼻血が止まりまへんがな!!

その頃、“リアルゲコ太”先生から電話*2があって、すぐ帰ってくるようにとのこと。他の病院で調べられるのは都合が悪いのです。そして、ビリビリの罰ゲームも…。

そして、ねーちんはまた当麻に迷惑をかけたとして、「メイド姿で1日ご奉仕だけでは済まない」…誰がそんなことするか!とキレていたのですが、イメージトレーニング…って、結局やりたいんやないか。アニェーゼはねーちんのところに転がりこんできました。

さて、次回は初春飾利(CV:平沢唯)と白井黒子(CV:新井さん)が久々に登場。ほっこりしている暇なんてありません。

*1:意外と知られていないが、若本さんは声優になる前は警視庁の機動隊員だった

*2:当麻のはまだしも、インデックスちゃんのケータイもなぜか海外対応モデルである。「簡単ケータイ」なのに…